忍者ブログ

アクラの徒然日誌

かけがいのない地球 一人ひとりが大切な命 子供たちに未来を!

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

震災情報がなくなった?

東日本大震災が起こって間もなく3カ月が経とうとしている。新聞もテレビも震災関係のニュースが最近ずいぶん少なくなってきている。まるで原発事故は収束に向かい、被災地も復興計画に順調に向かっているようだが、現実はそうではない。原発事故は収束どころか、第二原発の方も大量の汚染水を流さなくてはならない状況を迎えているし、第一原発は実は水素爆発の時2倍の放射能が出ていたことが明らかになし、被災地の状況は全く最近は知らされていない。仮設住宅はどうなったのか?避難されている方は今何が必要なのか、健康状況はどうなのか?医療体制は十分なのか、町の復興計画はどこまで進んでいるのか?永田町のゴタゴタは良く知らされるが被災者の姿、ボランティアの方々、そこの自治体の方々の苦労等は全くニュースに出てこない。まるで何もなかったかのようにお笑いバラエティー番組がいつの間にか復活している。この国はなんなんだろう?未曾有の大震災が起き多くの方が犠牲になり未だ発見さていない方も多いというのに。
 今日がっかりしたことひとつ。青森県で六ヶ所村等原発関連施設を13人の原子力専門家が安全性を検証し始めた。代表者である東大大学院教授田中知市のことば、「いろんなアイディアを持って対応しているのがわかった。持ち帰って十分検討したい。」まるで一見学者のような弁であり、専門家としての鋭い眼、評価が全く感じられない。今日は大間原発の現場を視察するというが、余り期待できそうもない。そういえば青森県の知事選挙は全く原発は争点にならなかったそうだ。知事も今までの原子力行政を導いた原発推進派である。安全対策委員会は名前だけのもののような気がしてならない。私はリンゴが大好きである。特に青森県産の藤、津軽は1年中食べていたい程だ。青森のリンゴを放射能漬けにはしないでほしい!
PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

[11/13 DSLR-A900]
[08/05 NONAME]

最新トラックバック

プロフィール

HN:
鍵和田 憲昭
年齢:
58
性別:
男性
誕生日:
1959/04/02
職業:
一級建築士
趣味:
旅行 写真 手作り家具
自己紹介:
北海道札幌市手稲区にて建築設計事務所を営んでおります。

バーコード

ブログ内検索

Copyright ©  -- アクラの徒然日誌 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]